保育士を目指している人必見|求人情報からやりたい仕事を見つける

レディー

勉強を教える魅力

勉強する人

塾講師は生徒の成績を伸ばす後押しをする仕事です。仕事のコツは生徒を飽きさせないこと、そして生徒を褒めてあげることです。塾講師はとてもやりがいのある仕事で自分を成長させるチャンスでもあります。塾講師の魅力は生徒の成績が上がった時や生徒と信頼関係を築いた時の感動です。

詳しく読む

アルバイトで先生になろう

図書館にいる女性

塾での仕事は生徒に勉強を教えることですが集団指導と個別指導のふたつの指導タイプがあります。また塾講師の仕事はシフトに融通がきくことが多く拘束時間も短いので、プライベートの時間をしっかりと確保しながら働きたいという人にはおすすめです。

詳しく読む

講師は稼ぎたい人に最適

先生

塾の仕事は、時間や給料面で非常に優遇されていると言えます。特に塾講師は大学生でもなることが出来るだけでなく、副業にも最適です。しかし、塾講師は多くの知識と経験が求められます。生徒の成績を上げるために、常に勉強する必要があります。

詳しく読む

保育園で働きたいときの術

男女

保育園で働く方法

保育園で働きたいときには保育士の資格の取得を考慮するのが得策です。保育士の資格がなくても募集が行われていることも多いものの、実際に現場で働いてみると資格の有無で給料や待遇に差が生まれる傾向があります。資格を取得するだけで勤務先も選びやすい状況が生まれるため、保育園で働きたいと考えたらすぐに就職することを考えずにまずは保育士の資格を取得するための学校に通うことが先決です。大学で保育を専門にするのが理想的と言われていますが、必ずしも大学に通う必要がないことにも注意しましょう。保育士養成のための専門学校も豊富にあるからであり、夜間に勉強できる学校もあります。自分の生活スタイルに合わせて適切な学校を選べば良いのです。また、大学を卒業した後には、自分で仕事を探さなればならないのです。現在では求人誌や求人サイトなどで保育士を募集しているところは沢山あります。このような求人広告を上手く活用させて、憧れの保育士を目指すとよいでしょう。

選び方で変わる働きやすさ

保育士の資格を取得するには保育士試験に合格する必要は必ずしもありません。試験に合格するのは大変なことですが、それに相当するような訓練を受ければ試験を受けずに資格を取得できます。そのための選択肢となるのが大学や短大で保育を専門とするか、専門学校に通う方法です。卒業と同時に資格を取得することができるため、人生計画を立てやすいのもメリットになります。保育士試験を受験しても合格できなければ働き始めるのが大変であり、いつから本格的に働き始められるのかが不安になりがちです。しかし、学校に通えば必ず卒業と共に資格を取得でき、学校からのサポートを受けて就職先も探すことができます。保育園で働きたいと考えたら学校に通うのが賢明な判断なのです。